保育所は必ずしも受け入れ枠が残っているわけではないため、受け入れに余裕がある地域をお勧めします。

後悔しない分譲マンション購入ガイド
後悔しない分譲マンション購入ガイド

保育所の受け入れ枠を確認する

皆様がマンションを購入する地域を選ぶ場合、様々な条件を総合的に判断する必要があります。
通勤時間の次に重要な点として、その地域の保育環境が挙げられます。
現在、少子化にも関わらず保育所が大変不足しています。
正確には「保育所の数自体はたくさんありますが、受け入れ枠が空いている保育所は少なく、常に供給が需要に追い付いていない状態」です。
特に0歳児の受け入れ枠が大変不足しており、中でも、生後初めての4月1日に満たない0歳児(以下「マイナス1歳児」と呼ぶ)を受け入れしている施設は大変限られている様です。
マイナス1歳〜0歳児保育を考えている人は受け入れ体制が整っている地域をお勧めします。
一方、3歳児(3歳の4月1日以降)以上のお子様を預ける場合は、保育所ではなく幼稚園でも構いませんが、同じ幼稚園であっても保育所に近い所とそうでない所に分けれます。
あまり保育環境が整っていない地域の場合、幼稚園であっても4歳児(4歳の4月1日以降)以上に限定している施設、13:00〜14:00に終了する様な施設もあります。
一方、保育環境が整っている地域の場合、幼稚園であっても18:00〜19:00まで面倒を見ている施設もありますから、幼稚園・保育所の違いに拘る必要はありません。
保育所であっても3歳児以上に限定している施設もあります。
また、0歳児を受け入れしている施設であっても、受け入れ日を4月1日に限定している(マイナス1歳児を受け入れしていない)施設の存在に注意して下さい。
一方、専業主婦世帯の場合、保育所は3歳児以降で良いですから、あまり保育環境を重視する必要はありません。
稼ぎ手が1人にも関わらず住宅ローンを支払う場合、どうしても金銭的に苦しくなるため、むしろ物価を重視する必要があります。
どれも同じ様に見えるスーパーマーケットですが、同じ品物の販売価格が2倍近く異なるため、小売価格が安めの地域をお勧めします。